かじようこ日記


鍜地陽子
by cielo-azul-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

鍜地陽子オープンクラス情報*7月のオープンクラス

体調を崩しがちな人が多い、この時期、
どうやら体内の水分調節がうまくいってないことも多いようですね。
水分が身体に溜まって頭痛やダルさ、風邪のような症状がでるようです。

冷たいものばかり飲んでませんか?

おすすめは暖かいはと麦茶です。
はと麦茶は体内の水分調節をしてくれるそうです。
後はカリウムを含む野菜や果物。
でもこちらは身体を冷やし過ぎないよう食べ過ぎ注意です。


私はおなか周りや足裏に温灸もしています。

私も頭痛やダルさ、風邪でしんどい時もありましたが、
食べ物と温灸で今回は治しました。

さて、7月のオープンクラスがきまりました。
今月は公演の関係からブレリアクラスはありません。
ただ、木曜日のコンパスクラスが増えました!
私が一番大事にしている事をみなさんにお伝えしたいと思っています。


コンパス•パルマクラス  講師 鍜地陽子
参加費 教室生徒2500円  外部参加3000円  
基礎的なパルマの打ち方から、解説を含めた曲種や地方によっての打ち分けの仕方を学ぶクラスです。コンパスって難しいけど楽しい!と思えるクラスです。動き易い格好でお越し下さい。ギター、カンテの方もご参加頂けます。レベル: 全てのレベル



•カンテクラス  講師 鍜地陽子

7月12日(日)15:00〜16:00  ブレリア

参加費 3000円 定員10名
単にレトラ(歌詞)を学ぶだけではなく、パルマや歌詞の解説、発音、その曲の発祥などの解説を含めて学べます。また踊る時はどこを意識しなくてはいけないかなどの、踊り手ならではの指導もします。ギター、カンテの方にもご受講頂けます。
レベル:全てのレベル

•小原正裕のギタリストによる踊り手の為の伴奏クラス   講師 小原正裕

7月26日(日)16:30〜18:00

参加費3500円 定員6名
ソロを踊る、今後踊って行きたい方へのクラスです。一人で踊れる曲を一曲お持ち下さい。振り付けは途中まででも構いません。どうバックを引っ張って行くのか、どういう所に気をつけなければいけないのか。目からウロコのアドバイスが貰えます。
他の参加者のパルマも叩けるので、より実践的なクラスとなっております。

お申し込みは
nunar.kaji@gmail.com
までお願い致します。
鍜地クラスは全て3名より開講。小原クラスは2名より開講となります。
また当日キャンセルは半額のキャンセル料がかかりますので、ご了承下さい。


[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-30 11:09 | クラス情報

サラ・アンダルーサライブの話

金曜日のサラ・アンダルーサにご来場下さいました方には御礼申し上げます。

急遽決まったライブで、
うちからは生徒の灘辺さん、
お初のピチピチ二十歳の琴葉ちゃん、
やはりお初の正木清香さんと言うメンツでした。
ギターはいつものエミリオと、
久しぶりに共演のパコでした。

急に決まったライブだったのて、
お客様はそれほど多くなかったのですが、
盛り上がった楽しいライブとなりました。
初めてやる人、って言うのか最近は少なかったのですごく新鮮でした(≧∇≦)

灘辺さんも頑張っていて、
勢いのあるアレグリアスでした!
彼女の良さがとても出ていたと思います。
生徒ライブとも日程が近かったのに
集客もすごく頑張ってくれました。

私のソレアはブレリア部分をハレオにして一年。
ずっとハレオと向き合ってきましたが、
やっと「ここなんじゃないかな」と言う所が見つかった気がします。
あ、でもまだまだ先があるのですが。
エミリオのギターもパコの歌もすごく良くって気持ち良く踊る事が出来ました。

嬉しかったのがずっと観に来て下さっているお客様に
「踊りが変わりましたね」と言われた事。
事情があってそのお客様はしばらくフラメンコを観れなかったのですが、
久しぶりに私のソレアを観て、
すぐにその変化に気付いて頂けたのはすごく嬉しかったです。


今週4日はエルフラメンコでヒタニージャライブ!
お陰様で完売致しました!
頑張ります!


7月18日の練習も佳境に入っています。
こちらはチケットがまだまだありますので、是非観にいらして下さい!
家族で表現する作品となっています。

応援、お待ちしております!

a0096452_11005092.jpg
a0096452_11010358.jpg

[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-30 10:58 | フラメンコ

親子共演企画と息子

7月18日のプリメラのニューウェーブ、
親子共演企画まで一カ月を切りました。
稽古の度に息子をビシバシシゴいております。

息子が小一フラメンコを始めて丸4年が経ちます。
2歳の時からスペインに連れて行き、
素晴らしいアーティスト達との交流を垣間見ていたにも関わらず、
フラメンコもスペイン語もまるで興味が無しだった息子( ̄▽ ̄)


小学校に上がる前に
「あなたは小学校に入ったらフラメンコやりなさい」
と申し渡した(命令とも言う)所、
意外にも「わかった」とすんなり受け入れました。


とは言え、
「やらされてる感」はイマイチ拭えず
教えてる私も
「やる気あんのかー‼︎」と
つい感情的になってしまったりして
「親が子に教える難しさ」
をひしひしと感じておりました。

とはいえ、「やる気がないならスタジオから出て行けー!」と
怒鳴られても
「嫌だー!」と言って食らいつく根性と
「やるときゃやる」
という性質で続いてきたのでしょう。


去年、プリメラの親子共演の話をお引き受けしたのは
もちろん私の独断で( ̄▽ ̄)。
プリメラのチコさんには
「楽しい感じでね(*^^*)」と言われましたが、
私がやる以上はそんなお気楽に出来るはずも無く、
毎回の稽古はかなり厳しいものとなりました。
はっきり言って、こんなに厳しい稽古は生徒さんにも付けた事がありません。


他の共演者のファミリアは
お子さんが既に成人していて、
プロとして活動されている方が殆どです。
その中でお遊戯会のような事は
絶対出来ません。


踊る曲はソレア。
私が一人で踊る所は息子もパルマを叩かなくてはなりません。
息子のパルマがズレれば私の踊りは成立しません。
舞台に上る人間の覚悟が必要なのです。

「家族」として出演する意義も必要です。
そのテーマにあった振り付け、構成が必要となります。


しかも、先日亡くなったマヌエル・モリーナに捧げるつもりの作品です。


それはもう、ハードルガン上げの
息子からしたら
「なんでオレがー‼︎」の世界だと思うのですが。
この作品を通して、彼が何かを得てくれるんじゃないかと思っています。


普段のライブとは違う作品をお見せ出来ると思いますので、
是非観に来て頂けたら嬉しいです。


チケットは鍜地までお申し込み下さい。
nunar.kaji@gmail
までお名前、ご住所、枚数をお申し込み下さい。
たまにお客様からのメールが届かない、
もしくは返信が届かない事がありますので、
迷惑メール対策をされている方はドメイン指定をお願い致します。
3日以内には必ず返信をしておりますので、
返信が無い場合は再送信をお願い致します。


後少し、頑張ります!

More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-26 07:46 | フラメンコ

鍜地陽子フラメンコ教室生徒ライブ終了しました!

日曜日の生徒ライブに来てくださったお客様には御礼申し上げます!
たくさんの温かいお客様のおかげで良い空気の流れたライブとなりました。

1月から始まったタブラオクラスでは、
踊りはもちろんの事、
パルマの打ち方、
舞台でのあり方について
生徒の皆は毎回駄目出しの嵐を受けていました。

タブラオは自分だけそつなく踊れていればいいという場所ではありません。
その舞台の上に乗っている人間で一つの舞台を作る。
そういうつもりでやらないと、
どんなに上手に踊ったとしてもライブとしてはバラバラです。

本番は皆それぞれに楽しむ気持ちと周りを感じる気持ち、
そして覚悟のようなものが見え、
すごく良かったです。
間違えた所だってありましたが、
それは次回に生かせば問題ではありません。


では恒例の講評を。
出演順です。

Aさん。
今回は一皮剥けましたね!
今まで生真面目さが表に立ち動きも硬かったのが、
パッと花が咲いたようでした。
ガロティンのコケティッシュさがよく出ていたと思います。
課題は難しい足になった時に身体に力が入り過ぎちゃうので、
もっとリラックスして足をやる事。
でもこの調子で頑張ってください(*^^*)
次回は是非中級の振り付けで出て欲しいです。

Nさん。
Nさんも今回グググッと良くなりました。
「フラメンコ」が好き!と言う気持ちと
それを大事にする気持ちがすごく感じられる踊りでした。
これは中々難しい事です。
個人レッスンもたくさん受け、自主練もかなりやったので
テクニック的も舞台上のメンタルも随分良くなりました。
課題はやっぱりブエルタ、ブエルタ、ブエルタ。後お腹の引き上げ。


Yさん。
発表会でソロも踊った事もあるし、
生徒ライブも3回目、と言う事で
タブラオクラスでも私も落ち着いて見てられました。
本番は始まりの速度が結構早かったのですが、ビビらず入っていけたのも良かったです。
間違えた所も、周りを聴いて戻ってこれる安定振りでした。
課題はブラッソ。
ブラッソで作る空間を意識する事と
手首の力を抜く事を意識してください。

Mさん。
生徒ライブは二回目の挑戦。
明るくて、グアヒーラがピッタリでしたね。
安心して見ていられました。
ちょっと緊張してたかな?
次回は是非中級の振り付けで出て欲しいです。
課題は自分の中からの表現を探す事。
自分の出来る事を自分の中で繋げ、
それを表現出来ると良いですね。


Iさん。
Iさんも今回最後の最後で一皮剥けましたね。
自分の中でどうしたらいいかわからずグルグルしていたものが
涙の(?)個人レッスンで整理が付き、
本番はコラへが感じられてすごく良かったです。
足は元々出来るので、足音が綺麗なのも良かったです。
課題はブラッソと視線。
特にブラッソを上げた時、肘が中に入りがちなのを気をつけましょう。


Nさん。
この中で一番のベテランで、
唯一自分の振り付けでの出演でした。
たくさんの個人レッスンと自主練で
自分の中の課題と向き合い
組み立てて行くのは大変だったと思います。
本番は勢いがあって良いアレグリアスだったと思います。
課題は空気感(aire)を持ち続ける事。
コンパスをグルグルずっと回していけるともっと良くなると思います。


レッスンをレッスンとして楽しむのももちろんアリですが、
発表会にしても生徒ライブにしても
その舞台に上ったからこそ分かるものがあります。
そして、そこに向かって進む事で
格段に上手くなるのです。
次回の生徒ライブは来年です。
是非皆さんの挑戦をお待ちしています。


明日はサラ・アンダルーサのライブです!
Nさんこと灘辺さんと一緒に出演します!
お時間のある方、是非いらしてくださいね(*^^*)



More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-25 08:58 | フラメンコ

明日は生徒ライブ!

明日はエスペランサ生徒ライブ!
お陰様でたくさんのご予約を頂いているようです!
集客の生徒さん達の頑張り、素晴らしい!

もちろん踊りも頑張ってます!
練習して、練習して、怒られたり、不安になったりしながら皆頑張ってきました。
皆んなが自分の頑張りを舞台の上で表現出来ますように!

私もパルマで頑張るでー。
全力で支えるでー。

More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-20 22:20 | フラメンコ

かじようこ話*継続するという事

今日はなんだか涼しいですね。
生徒ライブも近くなってきて、皆の練習も佳境に入ってきました。
皆良くなってますよ〜(*^^*)。
打ち上げで楽しいビールが飲めるよう頑張りましょう(≧∇≦)。


先ほど生徒さんのお月謝袋の管理をしていたら、
うちのスタジオの一番古くからいるミセスの生徒さんが、
なんと14枚目のお月謝袋が満了となっていました。

来月から15枚目。
丸14年私の元に通って来て下さってます。

とても有難く感じると共に、
14年モチベーションを落とさず通い続けるその強さと姿勢に感動します。


うちのスタジオは長く通われている方も多いのですが、
私と一緒に皆さん年齢を重ねるにつれ
出産や介護、健康状態などでフラメンコ人生をお休みしたり
辞めたりされる方もいらっしゃいます。


私としては残念だけど、
フラメンコは逃げないし、フラメンコを好きでい続けて欲しいなと思っています。
もちろんお休みしていても、
フラメンコが大好きでまた戻って来てくれる生徒さんもたくさんいます。


それと同時に長く通い続けてくれる生徒さん達の
「継続する」事の素晴らしさを感じます。

何かをずっと継続すると言うのは
中々難しい事であると思います。
誰にでも出来る事ではありません。
続けた人、やった人にしか見えないものもあると思います。


生徒ライブや発表会などの舞台もそうです。
上った人間にしか見えない瞬間があります。
経験した人にしか得られないものがあります。


私もその瞬間に魅せられた一人なのだと思います。


6月21日は皆で頑張りましょう!

かじようこ



[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-08 10:41 | フラメンコ

Manuel Molina

5月19日にマヌエル・モリーナが亡くなりました。

実は3月にスペインに行った時に
既に末期癌であると言う事は聞いていたのですが、
やはりその一報を聞いた時は俄かには信じられない気持ちでした。

本当はまだマヌエルの事を思うと心が痛い。
ブログにもずっと書けなかったのですが、
やっと彼について書こうという気になりました。

彼は本当に素晴らしい人であり、アーティストであり、友人でした。

夫とは30年来の友人で、
離れていてもいつも心が繋がってるようなその関係を
間近に見るにつけ、
ソウルメイトとはこういうものなんじゃないかと思っていました。


普段の立ち居振る舞い、喋る言葉が
全て彼の書く美しい詩のようだったマヌエル。
「どうぞ」と彼に差し出されたフォークを
一本の薔薇のように感じた事が思い出されます。

サラサラと思い付くままに詩を紙ナプキンに書く姿や、
時折ふと見せる鋭い眼光や、
いつもの優しい笑顔などが目に浮かびます。

奥さんのローラとの暖かい関係も大好きでした。
ローラを呼ぶ時の「mamá!(お母さん)」と言う声も忘れられません。


訃報を聞いた当日、
まだ信じられない頭を抱えながら
さおちゃんと二人でルビオのカンテのレッスンに行きました。

ルビオにマヌエルの話はをすると、
彼はまだ知らなかったようで、
「なんてことだ…」と言ったきり
黙り込んでしまいました。
でもしばらくすると、
「マヌエルは泣く事を望んでいない。俺達は歌おう」
とレッスンを始めてくれました。
曲はハレオ。
二つ程習った所で
「これから教える歌はハレオで歌えるけど正直すごく難しい。Tio Manuel Molina の歌だ」
とマヌエルの Romero Verdeを教えてくれました。
ローレ・マヌエルの歌は何度も何度も聴いています。
でも本当に難しいから、自分から歌おうとは今迄思っていませんでした。

でもルビオの歌ってくれる歌が本当に心に沁みて、
自分が歌っている時もマヌエルが隣で歌ってくれているように歌声が蘇りました。
CDではローレが歌っているのに、聞こえて来たのはマヌエルの声でした。


ルビオに「マヌエルは『花』と言う歌詞があったら本当に目の前に花があるかのように、
彼の『花』と言う言葉で本当に花が咲くかのように歌っていた。
そうやって歌わなきゃいけないんだこの歌詞は」
と言われました。

マヌエルの事を想いながら歌うと後から後から涙が出てきます。

歌い終わるとルビオに
「この歌はコンパス的にもメロディー的にも本当に難しいんだ。
この時間内に歌えるようになるとは思って無かったよ。
本当は皆にこの歌を教えたいけど、皆が皆歌える歌じゃないんだ。」
と言われました。

これは私が歌が上手く歌えたとかそういう事ではありません。
ルビオがフラメンコへのアフィシオンとマヌエルへの気持ちを感じてくれたのです。


私には最後にマヌエルが側にいてくれたような特別なクラスとなりました。

その時習った歌を大事に大事に歌っています。
歌えば歌う程、マヌエルの詩の素晴らしさ、コンパスの深さ、メロディーの豊かさを感じます。


最後にマヌエルの歌を記載します。
ルビオが言った「マヌエルは泣くなと言った。俺逹は歌わないと」と言った元になる歌詞です。
対訳は拙いながら私がつけました。

写真はマヌエルが私と息子宛にプレゼントしてくれたカレンダーと
夫にマヌエルがプレゼントしてくれたこの詩です。 


Qué nadie vaya a llorar 
El día que yo me muera
Es más hermoso cantar 
Aunque se cante con pena
Qué nadie vaya a llevar
Ni flores ni ropa negra
Y no me vayáis a enterrar
Pa pudrirme bajo tierra !
Es más hermoso cantar
Mientras mi carne se quema
Luego...me ofrecéis al mar,al aire o sobre la arena... o en un jazmín 
Me da igual...
...pero cuando yo me muera que nadie vaya a llorar 

私が死ぬ日が来ても

誰にも泣かないで欲しい

歌う方が美しい

例え哀しみと供に歌われたとしても

花も黒衣もいらない

私を埋葬しないで欲しい

地面の下で朽ちていかないように

私の身体が焼けている間

歌われている方が美しい

そして私を

海や風や砂…ジャスミンの木の根元

どこでも良いから撒いて欲しい

でも私が死んでも誰も泣かないで欲しい




…マヌエル、私達はあなたが恋しいよ。


a0096452_10113082.jpg
a0096452_10114418.jpg




More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-06 10:10 | フラメンコ

かじようこ話*受け取る準備

土曜日は息子の稽古も含め、5時間のレッスンで中々ハードな一日でした。

そこで息子の稽古やレッスンをやっていて思う事がありました。


7月18日の親子共演の為に息子には別に稽古を付けています。

10歳の息子はフラメンコを嫌いじゃないんだろうけど、
やっぱりどこかにやらされてる感がありまして。

そのやらされてる感によって
「受け取る準備」
が出来てない部分がある。
ふてくされたりとか。

なので、私は彼にそれを伝えるのに膨大なエネルギーが必要で
ものすごく疲れます。

って言うか毎回怒鳴ってます。
相当怖い個人レッスンです。

もちろん、息子も頑張ってはいるのですが、
息子だからこそ私が求める事が大きいので、彼も中々大変です。


この「受け取る準備」って結構大事なキーワードなんじゃないかと思いました。


私がフラメンコにおいて大事だとか伝えたい、
と思ってる事を伝えるには受け手である生徒さんに
それを受け取ろうとする準備が無いと、伝わらないという事。


「フラメンコが好き!学びたい!」で来ている生徒さんは
それだけでそこの部分はある程度(クラスを受ける姿勢とか)準備が出来ていますが、
やはりそこは個人差があります。

歌の大切さを知るにはやっぱり歌をしらなけゃならないし、
足の音で音楽を奏でるには粒の揃った足音を出す訓練をしなきゃいけないし、
ペソ(重さ)のある動きをする為には、自分の身体をよく知らなきゃならないからです。

これは一朝一夕には出来ません。



だから何かを伝え、形になるには長い時間が必要となります。
準備が出来るよう、道を作る事も必要。
同じ事を毎日まい伝え続けないと伝わらない。



自分が受け取る側になった時も逆のことが言えます。


倦むことなく探し続ける事。
自分の中を開放して、その先生が何を伝えたいのかを常に探る事。
その先生のアルテの全てを受け取る事。


選び取るのは後からで良いのです。


頭と身体と心のバランスも大切です。

コンパス感を養う事。
身体的テクニックを身につける事。
感じる心を持ち続ける事。


これがないと受け取る準備は出来ません。
こういう事を書くと、
これらを全て持ってないと全く受け取れないかと取られるかもしれませんが、
そうではありません。

大切なのは、
自分がどの段階にいても
「求めて、やり続ける事」
であって
「今出来るか、出来ないか」
ではないのです。

芸の道には終わりはないのです。


さぁ、息子はどこまで成長してくれるでしょうか。



[PR]
by cielo-azul-yoko | 2015-06-01 12:06 | フラメンコ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事