かじようこ日記


鍜地陽子
by cielo-azul-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

9月オープンクラスの話

段々と秋の気配がして来ましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

舞踊団の新人公演の出演も終わり、
ホッとする間も無く、
9月20.21日の発表会、
10月22日の鍜地陽子リサイタルに向けて練習を開始しています。
リサイタルチケット、絶賛発売中です!
お時間ある方、是非いらして下さい!
後二ヶ月!チケットいっぱいあります!


さて、9月のオープンクラスは下記の通りです!
質問のある方は是非質問を持って来て下さいね。


•コンパス•パルマクラス 講師 鍜地陽子
9月27日(土)11:30〜12:30
参加費 教室生徒2500円 外部参加3000円 定員10名 3名より開講
基礎的なパルマの打ち方から、解説を含めた曲種や地方によっての打ち分けの仕方を学ぶクラスです。コンパスって難しいけど楽しい!と思えるクラスです。動き易い格好でお越し下さい。ギター、カンテの方もご参加頂けます。レベル: 全てのレベル

•カンテクラス 講師 鍜地陽子
9月28日(日)15:00〜16:00
曲 タンゴ
参加費 3000円 定員10名 3名より開講
単にレトラ(歌詞)を学ぶだけではなく、パルマや歌詞の解説、その曲の発祥などの解説を含めて学べます。また踊る時はどこを意識しなくてはいけないかなどの、踊り手ならではの指導もします。ギター、カンテの方にもご受講頂けます。
レベル:全てのレベル


•小原正裕のギタリストによる踊り手の為の伴奏クラス 講師 小原正裕
今月は二回行います!奮ってご参加下さい!
9月14日(日)15:00〜16:30
9月28日(日)16:30〜18:00
参加費3500円 定員6名 2名より開講
ソロを踊る、今後踊って行きたい方へのクラスです。一人で踊れる曲を一曲お持ち下さい。振り付けは途中まででも構いません。どうバックを引っ張って行くのか、どういう所に気をつけなければいけないのか。目からウロコのアドバイスが貰えます。
他の参加者のパルマも叩けるので、より実践的なクラスとなっております。


お申し込みは
nunar.kaji@gmail.com
までお願い致します。
また当日キャンセルは半額のキャンセル料がかかりますので、ご了承下さい。
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-26 22:26

新人公演の結果話

新人公演、残念ながら群舞部門での受賞はなりませんでした。

受賞をされた方はおめでとうございます!

アスリンダスメンバーは
遠くに住んでいたり、
家庭があったり、
子供がいたり、
仕事が忙しかったりして
合わせは土日しか出来なかったけど、
だからこそこの日の為に1年半以上かけて練習して来ました。

最後の追い込みでは素晴らしい成長を見せてくれました。

フラメンコであると言う事、
群舞で踊ると言う事は
心を通わせる事だと思います。

お互いに信頼し合い、
一つのフラメンコに向かって心を通わせる。
宝物ような時間でした。


私にとってはアスリンダスの皆が一番です(*^^*)
熱い夏だったなぁ。
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-25 07:59

新人公演の話

私達にとっての新人公演が終わりました。
応援に来て下さいました方々には厚く御礼申し上げます。

またここまで支えてくれた有ちゃんと史朗君と旦那にも心から感謝します。
有ちゃんの歌は「スイッチを入れてくれる」
史朗君のカホンとパルマは「支えてくれる」
旦那のギターは「煌めきを与える」
そのお陰でどれだけ皆が支えられた事か。


そして、アスリンダスメンバー。
よくぞここまで頑張りました。
素晴らしかった。


私はこの作品を通して、

「フラメンコとは」

「群舞である意味とは」

と言う事を表現したかったのだと思います。


そして、これほど緊張したのは初めてでした。
変な夢は見るは、本番まではウロウロするわ、
本番は観ていて足がガクガクするわ、
涙はポロポロでるわ。

自分が踊る時には無い経験でした。

でもこの緊張は不安からでは無く、
私が皆の緊張を吸い取っていたのだと思います。
皆はえらいリラックスしてたし。


皆は出来ると思っていたし。


この経験で皆は一段も二段も階段を上がったのだと思います。



そして、本っ当に疲れました…
すっげえ疲れたすっげえ疲れたすっげえ疲れた
このくらい。



さて、これからは発表会とリサイタルに向けて頑張りますよ!
リサイタル、観に来て下さいね!
a0096452_0534294.jpg

[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-23 00:52

マンサニージャスペシャルライブの話

昨日のマンサニージャスペシャルライブ、ロス•ビジャーレスとの共演に
お越し下さいました方には御礼を申し上げます。

プリメラの夫婦共演が終わって
すぐトロンボが来て、
一週間ぐらい使い物にならなくて(私が)、
このライブだったので、殆ど練習する時間もなく。
膝にちょいと不安があったので、足の多いシギリージャは避け、
ソレアは他の人が踊ると言う事だったので、
即興で動きやすいソレポルを踊る事にしました。


しかも、目下練習中のハレオをくっつけて、ここでも即興三昧と言う
ハードルの上げっぷり( ̄▽ ̄)。
この怖いけど楽しみ、楽しみだけど怖いと言うヒリヒリ感がたまりません。

即興で踊る時には歌やギターによってどんどん踊りが変わって来てしまうので、
「こういう風に踊ろう」とか
「こうレマタールしよう」とか言う事は往々にして役に立たない、事が多い。
もちろん、準備は大事です。
無い袖は振れませんから。


しかも、ファン•ビジャールの歌はすごく難しい。
長い上に中々歌が落ちない。

そして、ブレリアとハレオは乗りが違うので、
普段ブレリアで使ってるマルカへやレマーテをうっかり即興で使うと
何だか変になっちゃう。


と、以上の事を合わせも殆どせずに即興で挑むと言う
ハードルガン上げ、無茶振りを行ってみたのですが、
結果、やっぱりハレオの修行が足りませんでした…

お客様にはとても喜んで頂けたのですが、
イヤイヤ、顔を洗って出直してきます。


それでも、20代の頃からの私の踊りを観てくれている人から
こんな嬉しい言葉を頂きました。

「20代から観ていて、こんなに刻々と変わる人っていたかなぁ、と。それは後ろにいる人達と意識が共鳴してるんだなと。鍜地さんは生きてるって毎日積み重ねてるんだね。」

最近、ちょっと自己を見失いがちだった私は思わず涙が出ました。

いつも突っ走ってる私だって時には迷うし、
追い求める物の余りの大きさに落ち込みます。


でもこうして観ていてくれる人がいるだけで、
踊る甲斐があるのだと思います。


ファンとエミリオにも言われました。
「毎日違うからフラメンコなんだ。いつも同じならそれはフラメンコじゃない。陽子はいつも違うから良いんだ。」


それでも自分のベストを尽くして、
精進したいと思います。
a0096452_194165.jpg

[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-19 19:40

呼吸とシンクロニシティの話

昨日は新人公演前の最後の合わせでした。
頑張る皆の姿と、そのどんどん良くなって行く様に、
最後はウルウルしちゃいました…

その後は皆で決起会〜お店の方のお気遣いでこんなプレートも(*^^*)
頑張るぞー!!

新人公演のチケットもまだあるようなのて、
ご希望の方は私の方までご連絡下さいませ。

さて、呼吸とシンクロニシティの話です。

練習が続いていたある日。
史朗君の一言で気付いた事があります。

史朗君は舞踊団の子達に、
「先生の力の入れ所と抜き所がどうなってるのかを皆見た方が良い」
確かこんなような言葉だった。


で、私はどこで出し入れをコントロールしてるのかと考えてみると、


やっぱり呼吸なんですね。


歌に寄り添う時も、
ギターに寄り添う時も、
自ら爆発する時も、
全部呼吸でコントロールしてる。


そしてそこにはシンクロニシティ不可欠だな、と。


例えば、歌の呼吸にシンクロしながら、
自分の呼吸をコントロールする。


回ってるコンパスと
自分のコンパスをシンクロさせる。


「空気を読む」と言っても良いかもしれない。


これが無いとフラメンコを感じないんだな、私は。



そう言えば昔、浅田次郎さんの本で、
昔気質の名人の泥棒に取材を行う、
と言うのがあったのを思い出しました。
「抜き足差し足」と言うのは、
呼吸の取り方だと。
「差し足」で吸い、「抜き足」で吐くのだそうです。
呼吸を間違えると、ミシリと音がする。

そして、一旦目指す寝室に入ったら、
寝ている家人の枕元に立ち、
その人と呼吸を合わせれば、絶対目が覚めないんだと。
(だから二人以上寝てる寝室は諦める)


呼吸とシンクロニシティ。


芸の道は呼吸から。

a0096452_951792.jpg

a0096452_951830.jpg

[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-18 09:50

八月のオープンクラスの話

毎日猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
師匠トロンボの東京クルシージョも無事終わり、ご参加下さいました方には改めてお礼申し上げます。

私は一日だけお休みを頂き温泉に行ってきましたが、
ホッとする間もなく、8月22日の舞踊団の新人公演出演、
9月20.21日のエル・フラメンコ発表会、
10月22日の自身のリサイタルと邁進します。
皆様の応援もお待ちしております!
リサイタルチケット、まだまだあります!
皆さん、是非いらしてくださいね!

•コンパス•パルマクラス 講師 鍜地陽子
8月30日(土)11:30〜12:30
参加費 教室生徒2500円 外部参加3000円 定員10名
基礎的なパルマの打ち方から、解説を含めた曲種や地方によっての打ち分けの仕方を学ぶクラスです。コンパスって難しいけど楽しい!と思えるクラスです。動き易い格好でお越し下さい。ギター、カンテの方もご参加頂けます。レベル: 全てのレベル

•カンテクラス 講師 鍜地陽子
8月31日(日)15:00〜16:00
曲 ブレリア
参加費 3000円 定員10名
単にレトラ(歌詞)を学ぶだけではなく、パルマや歌詞の解説、その曲の発祥などの解説を含めて学べます。また踊る時はどこを意識しなくてはいけないかなどの、踊り手ならではの指導もします。ギター、カンテの方にもご受講頂けます。
レベル:全てのレベル


•小原正裕のギタリストによる踊り手の為の伴奏クラス 講師 小原正裕
8月24日(日)15:00〜16:30
参加費3500円 定員6名
ソロを踊る、今後踊って行きたい方へのクラスです。一人で踊れる曲を一曲お持ち下さい。振り付けは途中まででも構いません。どうバックを引っ張って行くのか、どういう所に気をつけなければいけないのか。目からウロコのアドバイスが貰えます。
他の参加者のパルマも叩けるので、より実践的なクラスとなっております。


お申し込みは
nunar.kaji@gmail.com
までお願い致します。
また当日キャンセルは半額のキャンセル料がかかりますので、ご了承下さい。

写真は富士山
a0096452_2015773.jpg

[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-08 20:12

クルシージョ終了しました!の話

エル・トロンボクルシージョ、今年も無事終了致しました!
今日トロンボを成田へ送ってきました。
ご参加下さいました受講者の方々には厚く御礼申し上げます。

どんなに素晴らしいクルシージョも、
受けて下さる方がいなければ成立しません。

今回は北は北海道から南は宮崎まで、
たくさんの方にご参加頂きました。
土日は東京より地方の方の方が多かったぐらいです。
その「フラメンコを知りたい!」と言う情熱にもたくさんの元気を頂きました。


トロンボも今年の猛暑で大変だったと思いますが、
毎日素晴らしいクラスを行ってくれました。
トロンボのコンパス、情熱、哲学は、
たくさんの人の心に届いた事でしょう。

私もいつもにも増して濃い日々でした。
たくさん学ばせて頂きました。
私も出し尽くした感じです(笑)


有難うトロンボ。

a0096452_18251331.jpg

a0096452_18251444.jpg

[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-06 18:22

内なる畑の話

トロンボのクルシージョも中盤です。

毎日、色んな感動があります。
私も通訳しながらバリバリシゴかれてます(^_^;)。
この暑さでトロンボも大変ですが、情熱を持ってクラスをやってます。


昨日トロンボがクラスで言っていた言葉。

「パソ(振り)と言うのは、先生から貰う種みたいなものだけど、
君たちの内なる畑(トロンボは土という言葉を使っていたけど)が
ちゃんと耕されてなかったら、種は土に入っていかないし、芽吹かない。
だからしっかり畑を準備しなくてはいけない」

この場合の畑は、
まず音楽を感じる事。
そして楽しむ事。
コンパスを理解する事。
歌を聴く事。
待つ事。
そしてもちろん行かなきゃいけない時には行く事。

これを出来ないと、
どんなパソを貰っても
上滑りなパソになってしまうだけ。

パソはどんな先生からでも貰えるし、
それは自分の好みのスタイルを持つ先生から振りを貰えばいい。
でもその前に自分の内なる畑を耕す必要があると。

でもトロンボの教えている事は
好みの振りが、自分好みの洋服と例えると、
自分の身体にある骨を作ってるようなものだと。


土台を作ってからスタイルを乗せる。


内なる畑を耕す。


当たり前の事だけど、
つい忘れそうになる事。


もっともっと豊かになるように
精進したいです。
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2014-08-01 10:27

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事