かじようこ日記


鍜地陽子
by cielo-azul-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Penultima clase の話

a0096452_2254467.jpg

スペインでは「Ultimo/a 最後」という表現を嫌い、
「最後の」と言う時に
「Penultimo/a 最後から二番目の」という表現を使ったりします。

ライブの次の日は今回の滞在の最後のクラスだったので、
寝たのが午前2時前だったのに気合いで起きた息子と共にクラスに向かいました。

以前からトロンボはクラスで
「人に教えるって言うのは果物を育てるようなものだ。僕はちょっと手助けするだけ。
例えば陽子は今は東京に自分のスタジオを持ち、公演をやり、今回スペインでもライブをやる。
でもそれは僕がやってあげた事じゃない、陽子が自分で築いて来たものだ。
でも僕はこうして僕のスタジオで撒かれた種が、木になり、花を咲かせ、実を結んでいくのがすごく嬉しいんだよ。
その為に僕はこのスタジオをあけているんだ」
と言っていました。

私にとってのトロンボはちょっとの助けではなくて
まるで太陽のようなものなんですが。


この日のクラスで、

トロンボは以前自分の生徒が自分の公演で使ったという音源をかけました。
それは彼女の習った先生達の声を編集したもので、
トロンボ、アンドレス マリン、ジェルバブエナの声でした。
(私にはトロンボの声しか分かりませんでしたが)

トロンボはプラスティックで出来た葡萄を私に手渡しました。
それを持った私は自然にそれを持った左腕を上げ、静止しました。
トロンボはゆっくり私の左の靴を脱がせ、
靴裏に指でハートを書き、
輪になって立っている一人一人の生徒の胸に当てて行きます。
そうして最後は私の靴を自分の服の中にいれ、
自分の心臓に当て、静止しました。

そのままずっと私はトロンボの存在と音源の声を感じながら、
葡萄の木のように立っていました。

音源が終わると、
トロンボはゆっくり私に近寄り、
靴を履かせ、
プラスティックの葡萄を私から受け取ると、
「misi n completa(ミッション コンプリート)」
と言って私に葡萄を手渡しました。

胸が熱くなるのと同時に、
この一つの作品の様な時間は
トロンボが私にくれたプレゼントだと思いました。

昔からたまにこういうトロンボと私だけが即興的に一つの作品を作り上げる
(私の場合はトロンボの空気に乗っているだけですが)
という瞬間が来ます。
でもこんなに完成された物は初めてでした。


トロンボを日本に呼んで公演をやりたい。
そういう気持ちが更に強くなりました。

頑張るぞ
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-31 22:54 | フラメンコ

スペインライブの話

a0096452_1421242.jpg

セビージャでのライブが終わって、
すぐにでもブログに書きたかったのですが、
ライブ翌日からひどい風邪をひき、
バタバタと帰国の準備をする中それを悪化させ、
帰国してからは寝込んでしまいました。
クラスもお休みになったりして、生徒の皆さんにはご心配をおかけしました。

今は大分良くなり、仕事も復帰しましたが、
まだ長時間メールを見たりすると
眩暈がしたり、気分が悪くなる為
このブログも何日もかけてかいています。

でもその分色々考えたりして、
このひどい風邪も含めて今回の家族でのスペイン滞在は
私にとってものすごく大切なものだったと思います。

さてライブの話。

ひょんな事から決まったスペインでのライブ。
周りの人には驚かれましたが、実は初!スペインライブでした。

でも初めてのライブが大好きなトリアナで出来るというのは嬉しかったです。

トロンボも観に来てくれるというので
もう三日ぐらい前からお腹痛かったけど(^_^;)

実は自分のライブを師匠のトロンボに観てもらうというのも初めてで。
なので普段の生徒さんたちの気持ちが分かってみたり(笑)。

今回のライブを実現させてくれたギタリストのフィティは
かれこれ16年来の友人ですが、
共演するのは13.4前のイベリアの仕事以来。
歌のジョナタンはファナ デル レブエロのファミリアだとしか知りませんでした。
でもこういうのは嫌いじゃないので楽しみにしていました。

しかし、10時からのライブと言う事で
フィティに「何時に入るの?」と聞くと、
「10時でいいけど、陽子は初めてだから9:45ぐらいにしようか」
と言われる(◎_◎;)。
はは〜そういうもんか〜、と思いながら
家も近いし、化粧と髪は(もちろん花はなし)作ってから出かけました。
合わせを余りしない、と言うのは慣れてるけど
入り時間ギリギリというのは初めてでした。

9:45になると時間ピッタリにジョナタンが来たのでご挨拶。
背が高くて、すごく落ち着いてて紳士だけど、多分すごく若い。絶対20代。
話してみると、なんと私がずっと習っていたファナ アマジャの娘の
ナサレの旦那でした。
すごくびっくり。
ナサレがもう二十歳ってのにも二度びっくり。

そうこうしているとフィティがやって来て、
ちょっとだけ合わせよっか、という事になり、
来たまんまの普通の格好で、止まる所だけちょっと合わせる。
フィティのギターもジョナタンのパルマも気持ち良かったので
「こりゃ楽しくなりそうだ」とワクワク(^∇^)。


10時ピッタリにもう一人の踊り手のブリセイダが来て、
こちらもとても良い人でホッとする。
ショーは10時半からで、一部がブリセイダのタラント、
二部が私のソレア、という事に。

会場には旦那と息子、トロンボ、友人、クラスメイト、
何と日本で教えた事のある生徒さんまで!
たくさんのひとが応援に来てくれてました。

一部はパルマで入ったので(初めて立ってパルマやった)、
ジョナタンのパルマとセンティードが合うように心掛ける。
ジョナタンも寄り添うと分かる人のようで安心する。

で、自分の二部。
自分では落ち着いていたつもりですが、
やっぱり色んな想いや気持ちが入り混じり
緊張していたようです。
でもジョナタンの歌はすっと自分の中に入って来ました。
彼も本気で歌ってくれてるのが分かります。
フィティも私にすごく集中して弾いてくれるのが分かります。
トロンボのハレオが私がすっと力を抜いた所で入りました。

…んで、あっという間に終わってしまいました(あんまり何やったとか覚えてない)。
一曲だと本当にあっという間。
でもトロンボのハレオの感じ、とか
歌に寄り添ってる感覚(これはいつも)とか
フィティのギターとのインプロ、とかそういうのをよく覚えてます。
トロンボのハレオはすごく聞こえたなぁ。

踊り終わってトロンボの所に行くと、
「おめでとう」と言って抱きしめてくれました。


T de Triana(テ デ トリアナ)は普段は観光客の方が多いそうですが、
この日はフラメンコをやってる人が多かったみたいで、
お客様の反応もすごかったです。

自分の出来、という部分では
ちょっと不満足な部分もあったのですが(自分の問題でね)、
たくさんのお客様に興奮して話し掛けて頂きました。

すごく嬉しかったのが、
「君は踊る前から立ってる姿がすでにアルテだったよ!」という言葉。
その人は一番最初に来てくれて、興奮して話してくれました。


オーナー(?)にも喜んで貰えて、ビール奢って貰いました(^∇^)。

息子も母の大事なライブと言う事で、
彼なりに仕事をしなければ!と思ったのか、
写真を撮ったり、人とワイワイやったり夜遅くまで頑張ってくれました。
(寝たのは2時前だったのに、次の日も頑張ってレッスン行った)



本当に有難く、また楽しいライブでした。
来て下さった皆様にも改めてお礼を申し上げます。
また機会があれば是非スペインで踊りたいです。
これからもまた精進して参りたいと思います。



写真は息子が撮ったライブ写真。
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-29 14:21 | フラメンコ

セビージャで踊りますの話

セビージャにいるのも残す所後僅かとなりました。
毎日グアダルキビール川の美しい風景を満喫しつつ、
息子とトロンボのクラスに通っています。

息子は小学生ともなったので、
大分クラスを楽しめる様になり
クラスメイトのお姉様方にも可愛がって頂き、
スペイン語もぽちぽち話すようになって来ています。

トロンボのクラスは相変わらず愛とフラメンコに満ちていて楽しいです。
ボールを投げたり、皆で抱き合って踊ったり、レゲエで踊ったり。
でもフラメンコ。本当にフラメンコ。

さて、本当に直前に話が出て、
はっきりと決まらないまま衣装だけ詰めての見切り発車で、
日本を出てしまったので
お知らせする間もなかったのですが、
明日セビージャで踊る事になりました。
スペインで踊るのは初めてなので、
緊張もしますが、私の大好きなトリアナで踊る事が出来るのは
本当に楽しみです。
ギターは昔からの友人のフィティ、
カンテと共演の踊りの子は初めてですが楽しみです。

昨日はカルメン レデスマの素晴らしい踊りも観たし、
セビージャの空気を感じて踊りたいと思います。
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-20 17:19 | フラメンコ

着きました!の話

無事マドリードに着きました!
息子が成田エクスプレスで一回、
飛行機で二回吐くといういつもにない展開でしたが、
なんとか着きました(*^o^*)
理由は多分興奮と乗り物酔い(^_^;)

マドリードの常宿のWiFi使ってこのブログを書いています。

マドリードは雨。

これからセビージャに向かいます!
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-09 16:04 | フラメンコ

骨密度と感受性の話

骨密度と感性なんてなんのこっちゃ関係があるのかって話ですが、
関係はないです。
別の話(^∇^)。

スペインに行く前に書こう書こうと思ってた話を二つ。

骨密度の話は前にも書いたかもしれませんが、
以前、教室生徒のFさんに、
「先生、私この間骨密度を測ったんですけど、
腕で測ると歳相応で、足で測るとものすごく数値がいいんです!
理由はフラメンコしか考えられないんですよねぇ〜」
と聞いたので、そりゃきっとフラメンコのおかげだよ〜なんて話していたのですが。

先日トレーナーにちらりとその話をしたら、
「それはフラメンコのおかげですね。
フラメンコは足をかなり使いますよね。
筋肉を使うと収縮します。
収縮した筋肉が骨を締め付けると
骨がよりカルシウムを吸収するんですよ。
素晴らしいですね。是非フラメンコを続けて頂きたいですね。」
と言われました。
続けないと効果は無くなるらしいですが、
事骨密度に関してはフラメンコはとても良いそうです。
ただ、足に衝撃がある分鉄分は壊れやすいので、
鉄分はちゃんと補給した方が良いらしいです。



やっぱり身体を使い続けるって大事なんだなぁと思いました。



お次は感受性の話。
教室生徒さんでTさんと言う方がいるのですが、
彼女にはD君と言う息子さんがいます。
D君はうちの息子と同い年。
小さな頃からミセスクラスにお母さんと一緒に来ていて、
フラメンコ観たい!とライブにも時々お母さんと一緒に来てくれます。
きっとママとの特別なお出かけなんだろうな、と微笑ましく思っていました。
先日のライブも来てくれたので
Tさんとそのライブの話をしていたら、
Tさんが
「この間のライブを観てる時に、Dは何かすごく感じる物があったみたいで、
“先生ってすごいねぇ。”って言ってたんですよ〜」と話してくれました。
子供の豊かな感受性で「何か」をすごく感じてくれたんだなぁ、
とすごく嬉しくなりました。

こうやって小さい頃からフラメンコを観て、
小さなアフィシオナードが増えてくれればいいなぁ。
その為にはやっぱり自分が変な事は出来ません。
頑張らないと!と改めて思いました(≧∇≦)
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-08 07:51 | フラメンコ

スペイン滞在中の話

寒い事は寒いですが、明らかに春の寒さになってきましたね。
身体もずいぶんと楽ですね。

さて、鬼の様なTo doリストもひと段落付き、
(とはいえまだまだあるんだけど)
スペイン行きの楽しみが膨らんで来ました。

3月8日から25日午前中までは
電話やMMSは繋がりませんので、
ご用のある方は
nunar.kaji@gmail.com
にご連絡下さい。

ただ、今回の滞在先にwifiが無い為、
どれぐらいの頻度でメールチェックが出来るかは分からないので
基本的に連絡は取れないと
いう事でお願い致します。

この期間のクラス見学・体験は出来ませんのでご了承くださいませ。

またライブチケットなど各種申し込みもストップさせて頂きます。


二年ぶりのスペイン、たっぷり充電して帰って来ます!
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-05 20:03 | フラメンコ

ジャマキートフラメンコの話

さて、スペイン行きが迫ってまいりました。
もうね、目が回りそうなぐらい忙しいです。

5月6月の私が座長のエル・フラメンコ水曜企画の合せもすでに始まり、
どちらもすごくいい感じ!!
チケット、絶賛発売中でございます!!
4月6日のサラ・アンダルーサのライブもまだチケットありますので
よかったら是非いらしてくださいね!

さて、その上またまた素敵なライブに出演いたします!

なんと7年ぶりのジャマキートフラメンコです!!
これは豪華な顔ぶれですよ〜。
バイオリンの平松加奈さんとはずっと共演して見たかったのですごく楽しみです!
海沼さんもほとんど始めてだし、タブラの逆瀬川さんも猛烈お久しぶりです。
ギターの暖ちゃんなんて麗の店以来なんじゃ・・・

私もとても楽しみなライブです!
チケットは鍜地までお願いいたします!


ジャマキートフラメンコ em ElFlamenco

2013年6月26日(水)新宿エル・フラメンコ

開場18:00〜 開演19:00〜

チケット(ワンドリンク付き)
指定席7000円
自由席5000円

バイレ)ジャマキート、宮本亜都子、鍜地陽子
Rey Y Cai 、他
ルンベーラ)チャチャ手塚
カンテ)川島桂子、有田圭輔
ギター)長谷川暖、石井奏碧
バイオリン)平松加奈
パーカッション)海沼正利
タブラ)逆瀬川健治


お問い合わせ・お申し込み
nunar.kaji@gmail.com
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2013-03-01 17:35 | フラメンコ

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事