かじようこ日記


鍜地陽子
by cielo-azul-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:身体( 38 )

ボディメイククラスとは

私がトレーニングを始めて、
かれこれ6年半になります。

そんなにハードなものではありませんが、
フラメンコを踊る為に不可欠なものだと思っています。
もっと若くて体力があった頃より、
より身体が自由になり、故障もし辛くなりました。

筋力トレーニングはなんでもやればいいというのものでは無く、
目的に沿ったトレーニング方法が必要です。

例えば、駅伝で有名な青山学院大学は
優勝校となる前はサッカー選手がやるようなトレーニングをやっていたそうです。
中野氏というトレーナーを招いてから青山学院は変わりました。
中野氏はサッカー仕様のトレーニングを一切止め
駅伝に相応しいトレーニングやストレッチを組み直し、
ストレッチ一つにしても何の為にどこを伸ばすか、というのを細かく指導し
選手達の身体に駅伝に相応しい筋肉が順番につくように指導していったそうです。


サッカー界でも、
サッカー自体の練習よりも筋力トレーニングを増やして成果をあげたチームが出てきています。

フラメンコにはフラメンコに相応しい筋肉トレーニングメニューが必要です。

鍜地陽子フラメンコ教室のボディメイククラスでは
ガチガチに厳しい筋力トレーニングではなく
個人個人の状態に合わせ、負荷の選べるトレーニングを行っています。

上半身と下半身のバランスを整え、
体幹を強化するトレーニング内容となっていますので、
継続してのご受講をお勧めしています。

ご興味のある方は是非ご受講ください。
単発受講可能なオープンクラスとなっています。

今月のボディメイククラスは
11月16日(木)11:30〜12:30
11月18日(土)12:30〜13:30
となっています。

内部生2500円、外部受講は一時間3000円
となっております。

お申込みは
nunar.kaji@gmail.com
まで。
a0096452_08074171.jpeg



[PR]
by cielo-azul-yoko | 2017-11-16 08:02 | 身体

ボディメイククラスの効能

私も大好きなボディメイククラス。

受講している生徒さんからは

「体幹がしっかりした」
「上下に揺れなくなった」
「柔軟性が増した」
「足が入るようになった」
「肩凝り、腰痛になり辛くなった」
「バストアップした」

などのお声を頂いています。

私も自分の中で

「足が前より精密に入るようになった」
「身体が前より立っているのがわかる」
「体力が回復した」 
「馬力がついた」
「バタが重くない」
(当社比)

というのがあります。


ボディメイククラスは単なる筋トレクラスではなく
身体作りに効果的なストレッチ、筋トレ、エクササイズをやる事によって
より自分の身体と向き合っていく為のクラスです。

なので、最近はフラメンコをやってない方にもご受講頂いています。
綺麗に歩きたい、とか姿勢を直したい、とか。

個別に身体も見ながら指導しますからご安心くださいね。

人の身体はそれぞれに違いがありますから。


来月のボディメイククラスは
3月2日,3月16日 木曜日11:30〜12:30

の予定です!

お問い合わせ、お申し込みは
nunar.kaji@gmail.com
もしくは

までお願いします!



More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2017-02-18 21:43 | 身体

ボディメイククラスについて

ボディメイククラスを土曜日のオープンクラスで開講したのは去年12月。

早いもので一年になります。

自分がトレーニングをやって得た事を還元したくて始めたクラスですが
有難い事に10月からは木曜日の月二回ですが常設クラスも開講できました。


熱心な方は家でのストレッチや筋トレに取り組まれたりしていて、
身体に変化がきちんと現れています。


ボディメイクの個人レッスンまで受けていたOさんはボディメイクの生徒さんの中で一番熱心な方なのですが
家でのストレッチや筋トレもきちんと行っている真面目な生徒さんです。
「自分は身体が出来ていない」と言うのが悩みだったそうですが、
段々と身体がしっかりしてきて
「この間ライブに出たら「体幹がしっかりしたね」ってお客様に言われました!」
との嬉しいご報告。


こういうのは嬉しい。
すっごく嬉しい。


最近はフラメンコを踊る方だけではなく、
一般の方も受講して下さってるので
これまた嬉しい。

一人一人の身体の癖などを見ながら指導させて頂いています。


一回でも受けられるので、
意識改善の為に受けられる方もいらっしゃいます。

ただ本来は続けて通われる事をお勧めします。
きちんとしたフォームを身体に覚えさせたり
身体の中の意識を保つにはそれなりに時間が必要だからです。

ちゃんと身体を使っていくと
足の形も変わってくるし、
腰痛なども改善します。

次回クラスは12月15日11:30〜12:30です!

お申し込みやお問い合わせは
nunar.kaji@gmail.com
もしくは



More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-12-12 18:42 | 身体

再確認

毎日筋トレだの臀筋・ハムスト・内転筋だの
お尻を上げろだの、肋骨締めろだの色々言っていますが、
意識した人は本当に動きから変わってきます。

自分自身の身体や足音が変わったからもちろんうるさく言ってるのですが、
ボディメイククラスだのなんだの、
なんでこんなに熱心にやってるのかなぁ、と改めて考えたら

自分の中に
「人を痛くない、動いていて気持ちの良い身体にしたい」
という気持ちが結構大きいのに気付きました。


医者でもボディワーカーでもない私がこんな事をいうのはおこがましいのですが、
身体の色んな所を傷めて、それを改善する為に自分の身体と長年向き合って来て、
教室の生徒さんの身体も長年見てきて、
経験値から分かる物も多いのです。
もちろんトレーナーや書籍から得た知識も。



「フラメンコとは」
という事を追求するのとはまた別に
「健康で痛くない身体で踊って欲しい」
という気持ちがあると言うのは
私にとってある種の発見でした。

発見というより、再確認みたいなものですが、
それでも自分の中で言語化出来た事は大きいです。


「フラメンコ」を感じる、踊るためのクラス
「フラメンコを通じての身体作り」のクラス


の二本立てで頑張って行こうと思います。


と言うわけで、生徒の皆さん
筋トレしてね(≧∇≦)

鍜地陽子公式ホームページはこちら


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-10-28 17:21 | 身体

大阪クルシージョ、終了しました!

大阪クルシージョ、二日間終わりました!

スタジオでお世話になったジェナのさくらさん、
衣装を直して下さり、クルシージョもご参加頂いたラ・パルマの森山さん、

宣伝、チラシ設置などでご協力を頂いた、藤本様、西田様、福島様
生徒の伊藤さん、大学時代の先輩の設楽さん

そして上記にもいらっしゃいますが、クルシージョにご参加頂いた皆様

本当に有難うございました!
初めての大阪クルシージョはドキドキでしたが、楽しく終える事が出来ました。

クルシージョに参加されるぐらいなので、
皆さん色々観てらっしゃったり
意識も高い方が多く
有意義なクラスを行う事が出来ました。
少人数のクラスでしたし、
3クラス続けて受講される方が多かったので、皆さんと馴染めたのも楽しかったです。
中には広島クルシージョに続けて来てくださった方もいらっしゃいました。

「意識が変わりました!」と言って貰えたのも嬉しかったです。

ボディメイクでは皆さんをヒーヒー言わせ(笑)、
コンパス・パルマクラスは楽しく、
ブレリアクラスは耳と頭を使うクラスとなりました。


また大阪クルシージョやりたいです!
そして大阪ライブも実現したいなー。


写真は今回色々撮り忘れてしまい、
少ししかありませんが
載せちゃいます。

さぁ、今度は29日グランデセオ、30日のサラ・アンダルーサライブです!
ヤバいよーサラ・アンダルーサのチケットが全然売れてません…(ToT)

a0096452_07542938.jpg
a0096452_07544540.jpg
a0096452_07550278.jpg
a0096452_07551420.jpg


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-10-24 07:53 | 身体

フラメンコの為の身体を作る その⑤重心を取りながら動けるようにする筋肉

フラメンコの為の身体を作る その⑤は重心を取りながら動けるようにする筋肉です。


日本人は大腿四頭筋(太腿の前の筋肉)を優位に使って動く人が多いように感じます。

しかし、大腿四頭筋は「ブレーキ」をかけるための筋肉なので
大腿四頭筋を優位に使って動くと、
身体が前に傾きがちになる為、どうしても身体の動きが小さくなり、首は前に出がちになり、
身体の中心から大きく動く事が出来なくなります。

大腿四頭筋は太腿の大きな筋肉ですし、
もちろん重要な筋肉です。


しかし、フラメンコでしっかりとしたパフォーマンスを行うには
「後ろと中の筋肉」を正しく使う事が大切になってきます。
これは他のスポーツやダンスにも言える事です。

その筋肉は
「臀筋・ハムスト・内転筋」です。
他にも大事な筋肉はありますが、それは先日書きましたので省略します。
簡単に説明すると、
臀筋はお尻の筋肉、ハムストはハムストリングと言う太腿裏の筋肉、内転筋は太腿の内側です。

ハムストリングは大腿四頭筋の「ブレーキ」に対し、膝関節の屈曲と股関節の伸展に関わる筋肉なので、
股関節を安定させながらしっかり動かす事の出来る筋肉です。


臀筋・ハムスト・内転筋をしっかり使えていると、
股関節の可動域が広がり、より重心を捉えられるようになります。
もちろん、その上にしっかりと上半身を乗せてくる事が必要となります。

スペイン人の踊り手を見ると、
素晴らしい踊り手は背中側ににピシッととした軸が見えます。
首は前に出ずに胸の上にしっかりと乗っています。

足も大腿四頭筋側ではなく、
しっかりと臀筋・ハムスト・内転筋を使っているのがわかります。

欧米人はそもそもハムストリングを優位に使ってるのも関係しているでしょう。


なので大人になってからフラメンコを始める人が多い日本人には
やはりトレーニングの必要性を感じます。


トレーニングと言っても
ただ筋肉を太くする訳ではなく、
「臀筋・ハムスト・内転筋」をしっかり使えるようにするトレーニングです。


筋肉というのは刺激を入れている限りは育つものだそうです。
なので、自分の身体を健康に動けるようにしておく事は
フラメンコを踊る人に限らずやっておくと損はしません。




生徒さん達にフラメンコを教えだして17年程になりますが、
私自身、いろんな故障に悩んだ時期もありましたので
健康や身体の相談を受ける事も非常に多いです。


そこから

「三位一体の「フラメンコ」を踊れるようにしたい」
「身体が傷まないフラメンコの踊り方を教えたい」
という二本の柱が私のレッスンのコアとなっています。


私自身もトレーニングをやる事によって
随分身体の使い方が変わりましたし
踊るのも楽になりました。


身体についてはまた色々と書いて行きたいと思いますが、
「フラメンコの為の身体を作る」
は今回で一旦終了となります。
いかがでしたでしょうか。
参考になればいいのですが。




ボディメイククラスはフラメンコを踊って無い方にもご受講頂けるクラスです。


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-10-13 10:38 | 身体

フラメンコの為の身体を作る その④姿勢と重心

フラメンコの為の身体を作る その④は姿勢と重心についてです。

フラメンコを習っていて、
細かい足が上手く足が打てないという方は
骨盤の向きが傾いているとか
身体の重心自体が傾いている方が多いです。


骨盤の向きが傾いている人は
立っている時は結構気をつけてる方が多いのですが、
足を打ってるうちに身体が沈んで
骨盤が傾いてしまっている方が多いです。

骨盤が後傾(腰が前に突き出る)していれば、猫背になり、肋骨が下がり、胸が落ち、お腹が出て、
股関節にロックがかかるので大腿四頭筋(太腿の前の筋肉)ばかり使ってしまい、
股関節が上手く使えないので細かい足は出来なくなります。

骨盤が前傾(お尻が突き出る)していれば、肋骨が開き、反り腰になり、お腹が下を向き、首や腰に負担をかけます。
重心が前に傾いてしまい、上手く足は打てません。

こういった場合は肋骨と骨盤の位置を常にニュートラルポジションを取る事で改善していきます。
肋骨は締めたまま背筋を伸ばし、
骨盤は左右の高さを揃え、正面を向かせ、自然なS字カーブを描くようにポジションを取ります。



身体の重心が傾いている方は
軸足に乗りすぎたり、あるいは利き足に乗りすぎたりして
身体自体が傾いていたり、捻れている方が多いです。

身体というのは「くの字」でバランスを取るので
例えば左肩が下がれば右肋骨が上がり、左腰が上がり、と歪んで来ます。
それが少しずつであってもバランスとしては悪くなります。

こういった場合はまずは鏡を見ながら
左右の肩の位置、肋骨の位置、骨盤の位置を揃えるよう意識する事で改善していきます。
これは骨盤のニュートラルポジションを取る為にも大切な事です。
その上で身体の中心から動くことが必要になってきます。

これらの事は足だけではなく、
ブエルタや美しい動きやマルカールにも関わってきます。

少しずつでも意識する事が大切ですね。


次回、その⑤は重心を取りながら動けるようにする筋肉についてです。


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-10-10 00:29 | 身体

フラメンコの為に身体を作る ③静的ストレッチと動的ストレッチ

フラメンコの為に身体を作る。

その3は静と動の二つのストレッチについてです。

ストレッチには

①スタティック(静的)ストレッチ



②ダイナミック(動的)ストレッチ

があります。

①のスタティック(静的)ストレッチはいわゆるストレッチです。

・反動を使わない
・呼吸を止めない
・数十秒その姿勢をキープする
筋肉をしっかり伸ばす事によって、筋肉を緩める、可動域をひろげ、リラックス作用があります。筋疲労で癒着した筋膜のリリースにも効果的です。
運動後にやるのが効果的、と言われています。


②のダイナミック(動的)ストレッチは

・関節を回したり、曲げたり、伸ばしたりして、筋肉を伸ばしたり縮めたりする
・一連の動きの中で反復動作を繰り返し、徐々に可動域を広げていく
筋肉に刺激を与える事によって、体温を上げ、身体を準備させる事が出来ます。
運動前に行う事で、パフォーマンスをあげると言われています。
ダイナミックストレッチは軽い反動をつけるストレッチから、筋トレに近いようなものまで色々とあります。


ダイナミックストレッチは運動前、スタティックストレッチは運動後、という風に言われていて、
運動前にスタティックストレッチをするのは逆にパフォーマンスを落ちる、などというデータもあるようです(筋肉が緩みすぎてしまうとの事で)。


ただ、私個人としては運動前のスタティックストレッチについては
ストレッチ時間が短めなのもあると思うのですが、その必要性を感じます。

フラメンコを踊っていると、どうしても腰から足の筋肉が張りがちなので、
いきなりダイナミックストレッチに入るよりは、少しは緩めておかないと、思わぬ怪我をします。

また私がパーソナルトレーニングを受けている時はトレーナーはしっかりスタティックストレッチをさせてから筋トレに入ります。

私も自主練をする時は
スタティックストレッチと軽いダイナミックストレッチを混ぜたもの→筋トレ→踊りの練習をします。

レッスンの時は
スタティックストレッチと軽いダイナミックストレッチを混ぜたもの→ブラッソやブエルタのテクニカ→腹筋とダイナミックストレッチ→足の基礎練→振り付け、となります。

ただ、スタティックストレッチの大事な所は

「その日の身体の状態を見ながらやる」事と

「無理をしない」事

です。

私は毎日スタティックストレッチをしていますが、
その日によって筋肉の状態は異なります。

そうすると柔軟性も変わってくる。

「いつもならこれぐらいいけるはず」とつい無理をしたりすると身体を痛めます。
私は一度無理をしたストレッチで靭帯を損傷して酷い目にあった事があります。


5年前、リサイタルに向けて、張り切って練習している時期でした。
しかも筋トレも始めたてで張り切ってやって
(しかも順番間違えて踊りの練習の後にやった)
さぁ、練習も終わったので開脚のストレッチとなった時に
足が張っていていつもより伸びない。

「あれ、伸びないなぁ、よいしょ」とやった途端に
右脚のハムストリングのお尻側の付け根から
「バチン!」
という音が!

もうね、悶絶です。
しばらく動けず、自転車にも乗れず、
自宅へはタクシーで帰りました。
完治までは3週間近くもかかりました。


こういう痛い目をみながら(笑)
そうならない為のやり方を皆さんにお伝えしています。

今のような暑いから涼しくなってくる季節の変わり目は特に気を付けてくださいね。



More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-09-16 20:03 | 身体

フラメンコの為に身体を作る ②ストレッチの重要性

フラメンコの為の身体を作る。
その②は

ストレッチの重要性

についてお話ししたいと思います。

そんなもん、知ってるわい!と言われそうですが、
ストレッチは意外にも奥が深く、
誰でも簡単に出来るだけに、
間違ったやり方をしている場合もあるのです。

ストレッチも色々ありますが、
今日は静的ストレッチ(スタティックストレッチ、いわゆる普通のストレッチ)についてお話しします。
ストレッチには静的ストレッチと動的ストレッチがありますが、
その違いは次回書きますね。

ストレッチが何故大事か、
という理由の一番大きなもので、一番知られているのはやはり、
「柔軟性を作る」
という事だと思います。

身体に柔軟性が保たれていれば、
動きもスムーズになりますし、怪我もしづらいです。

しかし、今回のお話しとしては
「筋膜のリリース」
という事にポイントを置きたいと思います。

筋膜と言うのは筋肉を包んでいる膜の事で、
他の筋膜との起始・付着点にもなります。
筋肉と言うのは、筋肉の張りや身体の歪みなどですぐ癒着してしまいます。
癒着したまま、放って置くと更なる歪みや痛みを伴います。

例えば、大腿四頭筋がパンパンに張ると大腿四頭筋は膝蓋骨にくっ付いているので
膝が引っ張られて痛みが出たりします。
すぐにリリースが出来れば良いのですが、そのまま放って置くと今度はずっと引っ張られっぱなしの膝が炎症を起こしてしまったりします。

筋膜のリリースはマッサージはもちろん効果がありますが、
日々のストレッチも大切になってきます。
きちんとしたストレッチをしていれば、筋肉痛の軽減にも役立ちますし、
怪我の防止にも繋がります。

また、偏った使い方で部分的に筋肉が張ってしまっている場合、
リリースする事によって筋肉のつき方もバランスが良くなってきます。


ストレッチをする時のポイントは

・その日の自分の柔軟性を意識する
日によって、柔軟性は変わります。自分のその日の身体の状態をチェックしながらストレッチしてください。
・関節の向きが正しい方向である事
例えば、足のストレッチなら股関節、膝、爪先の向きを揃える。捻れたままやると傷める原因になります。
・伸ばしている筋肉を意識する
どこが伸びているのが分かっていないとあまり効果がありません。
・力で行わない、無理をしない
勢いを付けたり、無理矢理のストレッチは怪我の元です。痛いのに無理してしない。
・必ず左右両方やる。


ついついルーティンワークになりがちなストレッチですが、
毎日自分の身体に向き合っていると色んな発見があって楽しいです。


次回は「静的ストレッチと動的ストレッチ」についてです。


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-09-14 08:39 | 身体

フラメンコの為に身体を作る ①筋トレの重要性

私がトレーナーに付いてトレーニングをするようになって5年が経ちますが、
継続は力なり、で随分身体が変わりました。

身体が変わるという事は踊りも変わります。
疲れ難くなりましたし、足の音も変わりましたし、何より「身体が立つ」のを実感しています。
また今年になってランニングを始めて、ググッと身体が変わって来ました。


ただ、トレーニングやストレッチ、ランニングをしていて思うのが
「正しいフォーム」で
「必要な分だけやる」
という大切さです。

なので、これから何回かに分けて筋トレやストレッチ、身体の話を書いて行きたいと思います。

トレーニングやストレッチは闇雲にやったり無理をしてやるのは御法度です。
あっと言う間に身体を壊してしまいます。
よくある「簡単体操」みたいなものでも、うっかりすると身体を痛めます。


薬と同じで
「容量、用法を守って正しくお使い下さい」
という事です。
本人に合わないものや、効くからといって量をたくさん飲んだりしては逆に身体を損なうのと同じです。

実は私も過去にそうやって痛めた事が何度もありました。


「どこの筋肉を使っているのか」
「どこの部分を伸ばしているのか」
「この筋トレをやる時はどこに注意をしないといけないのか」

その意識を持ってやらないと怪我の元です。

フラメンコで使う筋肉の中で筋トレをするのが効果的なのは
内転筋、ハムストリング、臀筋、脊柱起立筋、腹直筋、大胸筋、広背筋
と言った所でしょうか。

もちろん腸骨筋や大腰筋と言ったインナーマッスルも大切です。
ただ、インナーマッスルは不随意筋と呼ばれる「自分で意識して動かす事は出来ない筋肉」
ですので、他の部分を使いながら鍛えていきます。

ボディメイククラスでは
一人一人身体のポジションをチェックし、
基本的な筋トレをしながら
フラメンコに使う動きを入れたエクササイズで
しっかりとした動ける体幹を手に入れる事を目的とします。

自宅やスタジオで自分でやる事も出来ますし、
レッスンを繰り返し受ける受ける事で
身体に意識をさせる事が出来るようになります。

次回はストレッチについてお話ししたいと思います。





More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-09-02 19:27 | 身体

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事