かじようこ日記

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

エンリケと私

ちょっと昔話をします。

私は98年10月に留学を終えて帰って来て、
翌99年からプロとして活動しだしました。
六本木の麗の店のレギュラー、
4月からは佐倉スポーツクラブで講師、
9月からは自分のフラメンコ教室をスタートさせました。

なので、来年でプロとして活動し出して20年になります。

思い返してみれば、
ペーペーの時に厳しくも暖かい先輩方や
優しく見守って下さるお客様に囲まれて
私はとてもラッキーだったな、と思います。

その中でも、タブラオで踊る上で大切な事を叩き込んでくれたのはエンリケ“エル・エストレメニョ”でした。

99年はイベリアのサラ・アンダルーサがオープンし、
98年の留学中のビエナルでたくさんのアルティスタに歌っていた
バイレ伴唱のエンリケ“エル・エストレメニョ”がアンダルーサで日本バイラオーラの伴唱をしてくれる!
という有り得ない企画がスタートした年でもありました。

当時は今とは違い、
留学生が気軽に踊れるような所はなかったですし、
例えそういう機会があったとしても、私のようなペーペーは
鼻にも引っ掛けて貰えないようなビッグネーム。
そのエンリケと、チケットノルマだけで、共演出来るとあって
勢い込んで申し込んだのです。

忘れもしない、初共演。
私はソレアを踊りました。
初対面のエンリケはちょっと近寄りがたい雰囲気もありましたが、
にっこり笑って自己紹介をする。


リハーサル開始。
構成を伝え(一箇所6で止まるところがあった)、踊りだすとその6の所で止められる。

「ソレアのリズムからそのスビーダはおかしい、こういうのに変えろ」
まだまだペーペーのひよっこですから
「ハイーっ!」と言って変更しても
内心ドキドキのバックバク。
冷や汗ダラダラ。

でもなんとか食らいつき、ライブは終わりましたが、
終わった後はエンリケに「ここに座れ」と
バイレの共演者の3人並べてお説教されました。
当時はコルテ(リズムを途中で切って効果を狙う)が大流行りの時で
私達は3人とも踊りの中にコルテが入っていたのです。
「タブラオみたいなライブは一回しかリハーサル出来ないんだから、そんなにいっぱいコルテを入れてはダメだ」と言われ
「お前はあそこがああだった」
「お前はここがこうだった」
と3人それぞれ注意をしてくれたのです。


そりゃ、初めて共演していきなりお説教でしたが、落ち込みましたし、
「ホントすみません…」って感じだったのですが
こんなに有名な人が、日本人のペーペーバイラオーラに指導してくれるなんて
本当にありがたいなぁ、と思ったのです。
それがきっかけで、即興とは何か
バックのアーティストはどういう判断をしているのか、
という事に目が向くようになったのです。


エンリケの厳しい指摘に
「怖い」と共演しなくなる方もいたみたいですが、
私はこんなに色んな事(そしてフラメンコ的に正しい)を言ってくれる人もいない、と思って
エンリケが来日する度に共演させて貰いました。
ドMですね(笑)

毎回新しいお題を
「じゃあこれをこういう風にやってみろ!」
と与えられたり
(即興性とフレキシブルさを学びました)

「なんかお前のパルマ変だぞ?」
と言われたり
(ここからスペイン人アーティストのパルマの叩き方をガン見するようになりました)

歌を習った時も
「なんで日本人はいっつもそういう風に歌っちゃうんだ?」と言われたり
(ここから発音とか発声に目が向きました)

エンリケは懇切丁寧に何かを教えてくれるわけじゃではありません。
でもその言われた言葉をこねくりかえしているうちに見つけたものは
私にとっての宝物となりました。

そうして4,5年くらい付いていったある時、
エンリケに「お前も大分踊れるようになってきたなぁ」と言われた時は
心底嬉しかったものです。


そのエンリケが6年振りに来日します。
共演者はエンリケと一緒にいつもやっていた(私と一緒にお説教された人ではありません)
純ちゃん、由香ちゃん、さっちゃん、マキちゃん。
このメンバーで何が起きるんだろうと
私は今から本当にワクワクしています。


この日はソレアを踊ります。

皆さん、是非観に来て下さい。

あ、チケットは鍜地までね(笑)

by cielo-azul-yoko | 2018-12-04 18:12 | フラメンコ

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事