人気ブログランキング |

かじようこ日記

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

何に心を惹かれるか

あるスペイン人アーティストを先日観て思った事。 


その踊り手は若い時からスタイルが良く、ハンサムで、王子様のようにカッコよかった。

踊りももちろんカッコよかった。


でも去年久しぶりに彼を観た時に、瞠目した。


彼の出身地であるカディスという土地や彼の元々持つ「明るさ」とか、

「面白み」というのが前面に出ていて、即興満載で、それは王子様じゃなかったけど(いや、今だってカッコいいけど)、

私にとっては100倍ズキュンと来たのだ。


フラメンコを観ていて、

私はフラメンコは単に「綺麗」とか「カッコいい」とか「上手い」だけのものにはピンと来なくて、


そこから溢れでる


「面白み」とか「可笑しみ」、


滲み出る


「黒さ」や「凄味」


とか、

そういうものに惹かれるのだ。


「正しさ」とか「美しさ」だって、もちろん必要なんだけど、

それは一般に言うそれとは違って、一見、そうじゃないようなところに隠れていたりする。



「間違い」中にも


正しさ」


は隠れている事があるし、


「綺麗には見えないもの」の中にも


「美しさ」


は隠れているのだ。



凄いフラメンコを見ていて、いつも思う。




ただ、絶対的に必要なのが「愛」と「敬意」。その二つはフラメンコじゃなくても、なかったら近寄らない方がいい。


どんなに魅力的に見えても。

自分を損なうだけだから。




# by cielo-azul-yoko | 2019-07-11 11:20 | フラメンコ

トロンボについて

梅雨真っ只中で、蒸し蒸しジメジメな天気が続いていますね。

そんなジメジメを物ともせず、過去最高に忙しい日々を送っています。
7月22日からはトロンボクルシージョが始まりますし(絶賛受付中!)
8月は生徒が新人公演に出演しますし、
9月は発表会とスペイン行きがありますし、
11月30日は一世一代の大勝負のリサイタルがありますし
(絶賛販売中!)
まぁ、もう何が何やら、訳がわからない状態です(笑)

事務仕事なんてやってもやっても終わらない。

基本的にワンオペなので、
もし何が不手際がありましたら、ご連絡くださいませ。
生徒の皆さんも私が何が忘れてたら
遠慮なく突っ込んでくださいませ。


さて、トロンボです。
私はずっと「トロンボすごい」「トロンボ素晴らしい」
と言って来ましたが、
今日は他の方からみたトロンボについてご紹介したいと思います。

旅ブログ「arisaの旅行記etc.」を書いてらっしゃる
Arisaさんがトロンボをガルロチで観た時の感想と
11月30日の公演について書いてくださってます。

Arisa さんのブログ、ものすごく細かい所まで書いてあって
これから旅行する方には最適なガイドブックになるかと思います。
読んだら行った気になれます。是非ご一読ください。

ブログはこちら↓


# by cielo-azul-yoko | 2019-07-04 23:27 | フラメンコ

鍜地陽子フラメンコ公演「五感-Cinco Sentidos-」

この度、8年振りに劇場でのリサイタルを開催する運びとなりました。
スペインより、鍜地の師である素晴らしい踊り手のエル・トロンボ、スペインの一流アーティストより絶大な信頼を誇るパルメーロであり今回初来日のエル・ボボテ、その歌唱力と表現力が群を抜いている歌い手ホセ・バレンシア、その音色と安定感から踊り手から支持が非常に高いラファエル・ロドリゲスを招聘致します。
素晴らしいアーティストの前に身震いをしていますが、彼等のアルテ(至芸)を作品を通して余す事なく伝えたいと思っております。
是非足をお運び頂ければ幸いに存じます。


鍜地陽子フラメンコ公演 

2019年11月30日(土)
五感 -Cinco Sentidos-
会場 草月ホール(青山一丁目)
開場18:00 開演18:30
チケット S席10000円 A席8000円

出演
バイレ)エル・トロンボ、鍜地陽子
カンテ)ホセ・バレンシア
ギター)ラファエル・ロドリゲス、小原正裕
パルマ)エル・ボボテ



予約メール
cincosentidos2019@yahoo.co.jp

先行予約期間中に上記アドレスに
①お名前 ②席タイプと枚数(枚数が多い場合、並びでご用意出来ない場合があります。ご了承下さいませ)③ご連絡先(ご住所、お電話番号、メールアドレス)をお送りください。
こちらからの返信がない場合は、ドメイン指定をしてから再送信をお願い致します。


・応援協賛のお願い
スペイン人アーティストを招聘しての公演には莫大な費用がかかる為、この度皆様に応援協賛をお願いしております。
協賛下さった方は名刺大の広告(15000円)を公演プログラムに載せる事が出来ます。
一枠に3名様まで連名でお申し込み頂けます。
お名前掲載と一言メッセージも付ける事が可能です。
企業様用の広告枠は別途ございますので、お問い合わせくださいませ。

応援協賛をお申し込みは
cincosentidos2019@yahoo.co.jp
までお願い致します。


皆様のお申し込みをお待ちしております。
a0096452_00075273.jpeg
a0096452_00080343.jpeg

鍜地陽子


# by cielo-azul-yoko | 2019-06-20 23:32 | フラメンコ

トロンボとリサイタル

トロンボに初めて出会ったのは1997年10月。

セビージャに留学して、どこのスタジオに行こうかと考えてる時に、
同じく留学していた大学の先輩が
「トロンボって言う、すごく良い踊り手がクルシージョ(ワークショップ)やるよ。」
と教えてくださり、行く事にしたのが最初だ。

彼のクルシージョを受けて、
目からウロコが落ち
「私の求めていたのはこれだ!」と思った。

クラセ・ヘネラル(通常クラス)を11月から行うと言うので、
プラサ・ペリカノにあるスタジオに
喜び勇んで行ったものの、
当時15.6歳のハイロや、その他外国人でもすごく上手な人達に囲まれて、
全然出来なくて、それでも半泣きになって通っていたのを思い出す。

トロンボも、今よりはもっと振り付けよりでしたが、
それでもソレア・ポル・ブレリアなんかを
他の先生が一ヶ月で一曲振り付ける所を
1年経っても終わらない(笑)
それでも、その時学んだ振りは、今でも大事に大事に使っている。
飽きる事はないし、いつも新鮮。

ちょこっと貰った振りって言うのは
やっぱりすぐ忘れてしまいがちで
オシャレな振りでも身にならない事が多い。

でもトロンボの振りは
文字通り「血肉になる」。

何故ならその振りは
トロンボの「血」であり「肉」であるからだ。


そのトロンボとの付き合いも、22年。
ちょっと離れてた時期もあるし、
トロンボ自身も人生の色々な事があったし
私も人生の色々な事があった。


それでも彼は私の一番のマエストロである事は変わらない。
彼はÚnico (唯一)だ。
他の誰も真似出来ないものを持っている。


その彼をずっと自分のリサイタルに招聘したいと思っていた。


それが今年の11月に実現する。

トロンボ以外にもエル・ボボテ、ホセ・バレンシア、ラファエル・ロドリゲス、と
一流のアーティスト達を招聘する。

私は自分の事はさておき、こういう人選の趣味はすごく良いんじゃないかと自負している。

正直、怖いか怖くないかで言ったら
すっごく怖い。

でもプレッシャーもすごいが、
ワクワク感も止まらない。
こんなにすごい人達が来てくれちゃうんだぜ!

それに、もう決めちゃったんだから
やるしかないのだ。

腹が決まれば、人は強くなる。


という訳で、11月30日土曜日。
草月ホール。

皆さま、お待ち申し上げます。

a0096452_00075273.jpeg
a0096452_00080343.jpeg

# by cielo-azul-yoko | 2019-06-04 23:48 | フラメンコ

5月31日アルハムブラライブ終わりました!

金曜日のアルハムブラライブに来てくださった方々、ありがとうございました!
a0096452_22464018.jpeg

本当はノブ君が出演する予定だったのですが、ノブ君が骨折した為、
急遽、あーしゃ(松彩果)が代わりに出演してくれました!

この日は歌の枝ちゃんはおそらく10年以上振り、
ギターの豪君は二人で「私たちって共演した事あったっけ…?」と首をかしげる状態、
リサちゃんもあーしゃも共演は久しぶりで
この意外な組み合わせがとても楽しみでした。

で、とても楽しかった!

リハもポイントだけしたやらなかったので、
「やや!そう来ますか!」みたいな事もありましたが、
私はそういうの大好物なんで(笑)

枝ちゃんの歌が素晴らしかったので、ソレアもどんどん変わっていって、
最後はおりゃー!!みたいな感じでした。

リサちゃんもあーしゃもフラメンカな踊りだし、とても素敵だったし、
豪君のギターも素敵でした。


一緒にやる人、場所、空気感、お客様で
踊りはどんどん変わります。
メンバー同じでもその時によって変わります。
もちろん、いつも全力投球だし、手を抜くことはありませんが、
こういう楽しいライブはやっぱり良いなぁ。


リサちゃん、誘ってくれて、ありがとう!





# by cielo-azul-yoko | 2019-06-02 22:46 | フラメンコ

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事

画像一覧