かじようこ日記


鍜地陽子
by cielo-azul-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鍜地陽子出演情報!

今日はあいにくの曇りですが、大分暖かくなってきましたね。
熊本地震への募金に生徒の皆さんご協力頂き有難うございます。引き続き、募金をつのりますのでよろしくお願い致します。

さて、5月〜8月はライブが目白押しとなります。
どのライブもやりがいのあるライブとなりそうです。
皆さんの応援をお待ちしております!

この他に8月4日木曜の明大前キッドアイラックホールのライブがありますが、詳細は未定です。
詳細が決まり次第またお知らせしますね!

2016年5月3日(祝・火)恵比寿 サラ・アンダルーサ
4Estrellas Andaluza 
12:00開場 13:00開演
チケット4000円
カンテ)マヌエル・タニェ
ギター)パコ・イグレシアス
バイレ)水村繁子、河内さおり、井口裕香里、鍜地陽子

お問い合わせ、お申し込み)nunar.kaji@gmail.com(鍜地)
チケットは鍜地までお願い致します。
ドリンク席かお食事席をお選び頂けます。お食事席のみ予約が必要です。
お食事席の場合、Aセット1900円(タパスセット)、Bセット2500円(パエリアセット)、Cセット3800円(コース)をお選び下さい。
ご連絡頂ければご予約致します。

大好きなさおちゃんと、お久しぶりのレイナさんと、お初の井口さんとの共演です!
パコもタニェも素晴らしいアーティストですので、是非!いらして下さい。
a0096452_13425420.jpeg

2016年6月22日(水)新宿エル・フラメンコ
ジャマキート・フラメンコ
チケット)自由席5000円  指定席7000円(ワンドリンク付き)
開場 18:00 開演19:00

バイレ)ジャマキート、宮本亜都子、井口裕香里、山本玲、山本海、鍜地陽子
カンテ)川島桂子、有田圭輔、水落麻理
ギター)長谷川暖、石井奏碧
バイオリン)平松加奈
パーカッション)海沼正利

お問い合わせ、お申し込み)nunar.kaji@gmail.com(鍜地)
チケットは鍜地までお願い致します。
a0096452_13430802.jpeg


2016年7月18日(月・祝)新宿エル・フラメンコ
「Las Gitanillas2」
チケット 5000円(ワンドリンク・タパスセット付き)
開場12:30  開演13:00

バイレ)志賀みどり、辰井浩美、石原礼子、鍜地陽子
カンテ)森薫里
ギター)鈴木尚

ご予約開始は5月1日0時からとさせていただきます。
お問い合わせ、お申し込み)nunar.kaji@gmail.com(鍜地)
チケットは鍜地までお願い致します。
本公演はチケット購入と予約の両方が必要となります。メールにてお名前、ご住所、お電話番号、枚数を記載の上お申し込み下さい。

こちらは本当なら今年12月に開催予定だったヒタニージャライブをエル・フラメンコの閉店により急遽7月に開催する事となりました。
私が一番最初にいた椿尚美先生のお稽古場から巣立った5人(志賀、森、辰井、石原、鍜地)でお送りします!
歌ったり踊ったり楽しいです!


8月10日(水)新宿エル・フラメンコ
エル・フラメンコ水曜企画
「Sabor de la Tierra〜大地の味わい」

チケット4500円(ワンドリンク付き)
開場18:00 開演19:30

バイレ)鍜地陽子、えんどうえこ、島村香、井山直子
カンテ)有田圭輔
ギター)小原正裕

ご予約開始は6月1日0時からとさせていただきます。
お問い合わせ、お申し込み)nunar.kaji@gmail.com(鍜地)
チケットは鍜地までお願い致します。
本公演はチケット購入と予約の両方が必要となります。メールにてお名前、ご住所、お電話番号、枚数を記載の上お申し込み下さい。

エル・フラメンコ水曜企画に座長として出させて頂いて8年になります。エル・フラメンコの休業は残念でなりません。
この公演がエル・フラメンコ最後の出演となります。
毎年大変ご好評を頂いているSabor de la Tierraもこれで最後になります。
私の大好きな人達とのライブを是非皆様にご覧頂きたいです。

鍜地陽子
鍜地陽子公式ホームページはこちら
a0096452_13384028.jpeg


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-04-21 13:36 | フラメンコ

熊本地震募金について

熊本、阿蘇、大分の地震で被災されている方に心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災の時の東京の震度5強の地震でも不安になり、生命の危機を感じました。

今回の地震のように何度も大きな地震が繰り返されるとは
被災者の方々の不安はいかばかりかと心が痛みます。

鍜地陽子フラメンコ教室では
この度の地震の募金を募る事に致しました。

基本的には手渡しをできる方にさせて頂きます。
スタジオに募金箱を置いて置きますので、
御志を入れて頂ければと思います。

東日本大震災の時と同じように、
集まった募金額、また募金先はブログにてご報告させて頂きます。

被災された方達に一日も早く心の安定が得られますよう
心からお祈り申し上げます。


写真は東日本大震災の時に生徒のMさんが作ってくれた募金箱です。

鍜地陽子


a0096452_12384918.jpeg





More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-04-19 23:48

エル・フラメンコ水曜企画「Cuatro Almas」を終えて

水曜日のエル・フラメンコ水曜企画「Cuatro Almas」にご来場頂きました方には御礼申し上げます。



エル・フラメンコの閉店、というショッキングなニュースが入って2週間ちょっと。

水曜企画という素晴らしい企画に座長として参加させて頂くようになって、約8年。
(ブログを遡ったら2008年11月が最初でした)
毎回毎回、たくさんの幸せと勉強をさせて頂いた場所でした。


私にとって、水曜企画はとても特別なお仕事で。
私が一緒にやりたい人達と同じ空間で分かち合って踊りたい、という気持ちで毎回座長をさせて頂きました。
オープニングを作るために何カ月も前から集まるのも(おしゃべり目的の時もありますが)、
別日にリハーサルをやるのも(普段はやらないけど一日だけやります)、
必ずクアドロでやるのもその為です。
舞台で共演する仲間とお互いに差し出し、受け取る舞台にしたいからです。

一緒に舞台に上がってくれた
さおちゃん、尚ちゃん、重ちゃん
バックで支えてくれた有ちゃん、進君、そして旦那に
心からの感謝を。

皆んなの踊りは素晴らしかったです。
マントンの優美かつ、凛としたカーニャを踊ったさおちゃん。
人間性の高さを滲ませ、グッと渋いガロティンを踊った尚ちゃん。
美しく激しいソレアを踊った重ちゃん。
後ろでパルマを叩いていても幸せでした。

もちろん自分が踊る時もみんなが支えてくれるのをヒシヒシと感じていました。

3人分のパルマを叩き終えた時点で、汗びっしょりで
舞台の暑さに倒れそうでしたが、
みんなから力を頂いて踊る事が出来ました。
楽しかったです。


残念だったのは、ずっと続いていた咳のせいで
喉の開きが悪く、オープニングのタンゴとハレオで声が出しにくかった事。


フィン・デ・フィエスタでは水を被ったのかと思うほどの進君の滝汗に会場からどよめきが(笑)
パルマ叩いてるだけなのに、シャツびっしょりって( ̄▽ ̄)

楽屋もずーっと笑ってたし(さおちゃんのネタは最強だった)、
打ち上げもみんなして電車を逃すぐらい楽しかった(ここでもさおちゃんのネタ披露)。


打ち上げで重ちゃんに
「ヨーコのティエント見てるとババァと小さい女の子と両方見える。タンゴは15歳ぐらいのクッソ生意気なセビージャの女の子みたいだった」
と言われたのがすごく嬉しかったです。


こんなに幸せをくれるエル・フラメンコという場所がなくなるのは本当に悲しいですが、
後3回、心を込めて踊ります。



a0096452_15052042.jpeg


新宿エル・フラメンコ水曜企画
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-04-15 15:03 | フラメンコ

フラメンコを踊るという事

随分前に「フラメンコ踊るのに大事な三つの事」を書いたのですが、
もうちょっと考えてみようかと思って書いた記事を何故かアップしてなかったのでアップしてみます。


以前、スペイン人のギタリストに、
「陽子、フラメンコに大事なのは「心」か?「テクニック」か?」と聞かれ、
即座に「心」と答えたのですが、
「日本人は「テクニック」の人が多すぎる」
と言われたので、
「いや、確かに「心」は一番大事なんだけど、
テクニックだってないと、言いたいこと言えないじゃん」
と、返したら大議論になりました(笑)。

もちろん、そんな事を言う彼だって、
素晴らしいテクニックをちゃんと持ってらっしゃる。
でもそこまでスペイン人が言うのは、
一つにはものすごく日本人が「勉強好き」で「勤勉」だからなんでしょうね。

「勉強好き」で「勤勉」自体は良いことだと思います。
だからパソを覚えるのも早いし、理解度も高い。

じゃあ何がいかんのか、というと、
多分これはテクニックが「手段」じゃなく「目的」にすり替わってる時なんだと思います。
テクニックをあげるのが「目的」になってしまうと、それで満足してしまう部分が出てしまうんじゃないかと。

早く足が出来るのが正解。
ブエルタが何回転も出来るのが正解。
みたいなもんです。


前回も書きましたが、
私はテクニックはあくまでも「手段」だと考えます。
そりゃ足だって早く出来るにこしたことはないし、
ブエルタが何回転も出来たらやれる事も増えるでしょう。
でもだからってそれが「エライ」訳じゃない。


何故ならフラメンコは競技ではなく、
「Arte アルテ(芸)」
だからです。



じゃあ「アルテ」って一言で何よ。
というと、散々悩んだ末に導きだした答えが

「点数付かないけど、なんかスゲェ!もの」

でした。



私は4.5年前から、体力とバランス強化の為に
パーソナルトレーナーに付いてトレーニングをしています。

そのトレーナーのOさんは
小さい頃からずっとスポーツの世界にいて、
ずっと「(他人に)勝つか負けるか」の世界にいた方です。
しかも徹底したデータ主義と頭の良さで、
ものすごく出来るトレーナーです。
本人の運動能力もものすごく高い。


「(他人に)勝つか負けるか」の世界に
全くいなかった私には彼の話は非常に興味深く、ある意味衝撃的でした(笑)。
「違うもんだなぁ」といつも思わせられます。


でもだからこそ競技とアルテの違いを感じます。

「技術の高さ(=記録)」イコール「点数」
が競技の基本だとすると、
アルテはそこがイコールではない。


身体能力が高い訳じゃない
地元のじいちゃんばあちゃんにだって
アルテは宿るのです。


私は自分の身体の管理の為にトレーニングをしていますが、
それと「自分の中のアルテ」というのは別物です。


テクニックが上がれば達成感はある。

出来ない事が出来るようになれば
もちろん嬉しい。

でも、何の為にテクニックがあるのか。

それは私にとっては「自分の中のアルテ」を研ぎ澄ます為です。

一人のアルティスタとして、
いつもそれを心に刻んでいます。


「自分の中のアルテ」とは何か


と考えると、
まずは「フラメンコの」アルテがあります。
これはフラメンコのコンパスやペジスコ(つねり)、アイレ(空気感)です。
ここにはフラメンコの歴史もバックグラウンドとして理解し、感じなくてはなりません。


それと同時に、
私個人を構成してきたものもアルテになると考えます。
これがいわゆる「個性」にあたる部分でしょう。


自分の中の感情の揺らぎ。
静と動。
生と死。
純粋さと邪悪さ。
エネルギーの交換。


自分の中にある様々なもの。
不可視なもの。
それを身体というフィルタを通して
私はフラメンコを踊るのだと思います。


それは「スペイン人」とか「ヒターノ」とか関係なく、
「一人の人間」が踊るものです。


「愛」と「敬意」を持ちながら、
色んなものを抱えながら、
踊るのだと思います。


今、世の中はどんどん変わって来ています。
フラメンコの世界も。

大事な事を見失わないよう、精進していきたいです。





More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-04-06 12:53 | フラメンコ

エル・フラメンコ休業の知らせを受けて

来年50周年となるエル・フラメンコが急遽休業となる知らせにショックを受けています。
事実上の閉店のようです。
スペイン人アーティストのショーは7月26日で終了との事です。

私が初めて観に行ったのはハビエル・バロンとサラ・バラスのグループでした。
数多くのスペイン人アーティストが踊り、歴史を作ったエル・フラメンコ。
日本フラメンコの聖地とも言えます。

私は一番最初のリサイタルから発表会、水曜企画の座長を通し、ずっとお世話になってきました。
私にとってとても特別な場所でした。
何か特別なものが宿っている舞台でした。
竹内さん、折原さん、スタッフの皆さんにも本当にお世話になりました。
残念でなりません。
大きな損失です。

ここが無くなることによって、フラメンコを取り巻く状況はまた一つ厳しくなっていくのだと思います。
タブラオにしても、公演にしても、クルシージョにしても
お客様が来て下さらない事には立ち行かなくなってしまいます。
一人一人の応援というものが大事なんだと痛感致します。


また、来年2月の発表会がエル・フラメンコで出来なくなってしまったのが返す返すも残念です。
生徒さん達は去年11月の発表会、舞踊団員は2月の舞踊団公演が最後となってしまいました。

私は4月13日,6月22日,7月18日,8月10日とエル・フラメンコに出演致します。
皆様のお運びをお待ちしております。


More
[PR]
by cielo-azul-yoko | 2016-04-03 19:55 | フラメンコ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

アーティスト
日々の出来事